読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

おすすめ 朝活 有効な時間の使い方

f:id:t-koku-0822-0218:20161004225901j:plain

f:id:t-koku-0822-0218:20161004225928j:plain

ども、しらしらです。

日中働いていらっしゃる
サラリーマン方々は
時間をどうお使いでしょうか?



毎日、満員電車に埋もれながら通勤している方も
多くいらっしゃいます。



僕は心の中で
満員電車時、「 イライラ、 疲れ、 テンション上がんねー」
飲み会「コイツ、何時まで愚痴るんだよ。朝はえーのになぁ。。。」

と脳内再生してます(苦笑)

はっきり言って
そういう時間って自分の時間ではなく、
他人の時間として使われてますよね。



そこで、僕が実際にやってみた

○○なアドバイスを公開しようと思います。
 

 


これで、少なからず自分の時間が作れるかも!

それでは、いってみましょう!!

 

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161004230044j:plain

・朝活のメリット
・朝活のデメリット
・朝活を継続させる為には?
・もし、仕事 or 飲み会で遅くなったときは?
・まとめ

 

 

 朝活のメリット


朝早く起きるとこんなメリットがあります。


・自分の時間が出来る。


・リラックスして乗車が可能。


・比較的空いているので、電車内で仕事が出来る。


・早めに出ているので遅刻する危険性がない。


・脳が冴えているので朝活の効率が良い。
(脳の活動は午後を経過した辺りから段々低下してゆく。)


・早めに着いたら、近くにある喫茶店でゆったりと作業しながら仕事が進める。

 

自分の時間をつくれる。

 


→日中は、仕事の電話がかかってきたり、頼まれごとが
あったり、自分の時間が中々確保できません。

 それに、夜帰宅して自分の作業に取り組むとなると、疲労がたまり
中々集中できないものです。

 そんな時は、作業を一旦やめて
布団に入るのが一番です。


人は、朝起きて2~3時間後が、活動のピークに達し、
ある一定時間が過ぎると作業効率が段々と下がってしまいます。

ですので僕はたまに、カフェやレストランに行って
作業をしてたりしてます。

朝起きて支度、通勤をして最寄り駅に下車した場合、
1時間又は2時間経過してますので、その頃には作業が捗るという計算です。

定時が過ぎ、夜遅くまで残業するというのは、
全体を見たときに効率が悪くなります。


よっぽど急ぎの仕事でなければ、睡眠をとって脳のリセットを行い、
翌日にまわすべきだと僕は思います。

そうすれば、朝早く起きて始発に乗れば、朝の満員電車も乗らなくて済みますし、
ゆっくりと座って自分の時間が確保できる訳なのです。


勿論、始発? 早いよ!! って思った方もいると思います。
朝の4時~5時 発出なくても、当駅始発の電車も十分にありますので、
そちらを狙って乗車すれば、満員電車でギュウギュウ詰めにならなくても良いのです。

 

 

朝活のデメリット

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161004231209j:plain


朝活のデメリットとしては、
安定した睡眠時間がとれない点です。

前日飲み会だと起きるのが辛い。
(FU◎◎ 飲み会‼)

寝不足だと電車内、社内で仕事が出来ない。(寝てしまう。)


そんな時は、無理に翌朝早く
起きようとせず、僕はゆっくり起きるようにしております!

それと習慣化するまで、朝が辛いのもデメリットのひとつであります。
習慣化したら朝パッと起きれるようになりますが、
そうでない場合は、無理せずにいつもの30分前ぐらいに設定してみましょう。


朝活を継続させる為には?

 

三日坊主を繰り返すことです!!

 



…はっ?
と思ったかもしれません。

先程も話しましたが、朝起きるのは容易ではありません。
(※全然、苦にならない人もいると思いますが、、、)

三日で終わってしまったら、意味がありません。

 


しかし、三日坊主が3回続いたらどうでしょうか?
三日 × 3回 = 9日間 活動したということになります。

 



後は、継続させる為に目標を持つことです。
そうすれば、三日坊主が何回来ようともそれを繰り返し続けていけばよいのです。


睡眠が確保できない時は、
もうその朝はガッツリ寝ちゃいます。

その日は、割り切って寝てしまいましょう。
その日も、翌日も寝不足の状態で活動すると、
脳が起きていないので、疲れが溜まる一方です。

 


三日坊主ってネガティブな言葉かも知れないですけど
繰り返し行動していくと力はついてきます。

継続は力なり、ってやつですね。


もし、仕事 or 飲み会で遅くなったときは?


対策法→飲み過ぎ注意ですww

 

アルコールを摂取しすぎると

肝臓で分解するのに時間がかかり眠りが浅くなります。
それに、二日酔いなんて事になったら、その方が非効率です。



その日はゆっくり寝て6時~7時頃の起床でもOK。
(全体の効率を考えたらタスク管理をしっかりして
残業を減らして明日に繋げることがベター。)



終わっていなくてもキリの良いとこであがれるよう調整すること。
(締切期限が当日などは論外。)
飲み会は2〜3回は1回断る!!(自己流なのでそこら辺はよく判断して下さい。笑)



どうしても、遅くなるときは
レム、ノンレム睡眠を活用しましょう!!

 

 


【レム睡眠】
・浅い眠りで身体は深く眠っているのに、脳が活発に動いている状態
・筋肉の疲労回復。
・トイレに起きたくなる
・物事で目が覚めやすい
・脳は働いているのでこの時目覚めるとすっきり起きられる
・脳は動いているのでこの時よく夢をみる
・脳を動かして記憶の固定をしている
・金縛りにあいやすい
・レム睡眠10分~20分程

【ノンレム睡眠】
・深い眠りで脳も身体も休んでいる状態
・身体を支える筋肉は働いている
・ストレスを消去している
・ホルモンの分泌をしている
・居眠りのほとんどがノンレム睡眠

レム睡眠の典型的な例は、先程ご紹介しました
お酒なんかが良い例です。


適量は良いですが、
お酒を飲むことで脳が活性化され
長時間寝たのに、脳が休息をとっていないのです。

朝起きたときに疲れが残っているのはこれにあたります。



寝る前のスマホ操作なんかも、直接光を見ることで
脳が活発になってしまいます。

寝る前は特に注意しましょう!!

 

まとめ

最後に纏めますと、
① 朝起きるのを無理なく習慣化すること。
② 三日坊主でも、何回も続ければ習慣化できる。
③ 寝る前は、アルコール過度の摂取やスマホの操作を控える。
④ ノンレム睡眠を活用し、3時間を周期に1時間半毎の起床を試みること。
⑤ 起きてどうするか、何をしたいのか具体的な目標を持つこと。
 

無理なく、朝活していけば自分の時間を十分に確保することは可能です。
これを機に試されては如何でしょうか?


f:id:t-koku-0822-0218:20161004231824j:plain