シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

「きみ、あなた、おまえ」のwataboku展が素敵すぎる。

f:id:t-koku-0822-0218:20161212222501j:plain

 

ども、しらしらです。

昨日、日曜に表参道へ行って参りました。

 

なにをしてきたかと言いますと個展を

見に行ってきたんですよ!!

 

 

もうね、感動しました!

僕もいつかあんな風に描いてみたいと思いましたね、マジメに(笑)

 

そんな感動したwatabokuさんの画集を紹介しようと思います。

 

 

 

Wataboku展とは

f:id:t-koku-0822-0218:20161212222536j:plain

 

wataboku 1st ART BOOK&solo exibition is coming.

 

watabokuさんは2015年からInstagramFacebookTwitterなどのSNS上にイラストを発表している日本人デジタルアーティストです。

 

そんなwatabokuさんが今回、12月に自身初のARTBOOKと個展開催を発表。

3日間で400名程の来場数を記録したのだとか。

 

 

 

 

 

来場した方々の感想に関しては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど、多くの方がwatabokuさんの作品を見て絶賛。

そんな僕もウキウキ気分でwataboku展を堪能することが出来ました。

 

 

作品1つ1つに魅了されてしまう

個々の作品を拝見しまして僕が特に気に入ったのが

夕暮れをバックにした作品や、

 f:id:t-koku-0822-0218:20161213002403j:image

 異次元を再現している作品です。

f:id:t-koku-0822-0218:20161213002421j:image

 

僕は絵描きとしてはホントペーペーなので

こう言った作品を見ていると本当に勉強になるんですよ。

 

どこが勉強になるかと言うと

下書きからの清書で、塗りの影を忠実に再現している部分やどの角度で

モデルを引き立たせているのか、背景と美少女のマッチ具合が半端ではありません。

恐らく写真やデザイン、アパレルなどそうでしょう。

 

知り合いに少し聞きましたが、モデルを使ってNGなのは

写真の中に装飾物や、モデルのパーツ(手や足、顔、髪)が

沢山入ってゴチャゴチャしているのが1番やってはいけないことなんだとか。

 

イラストを描くときも、

何を見せたいのか、ちゃんとテーマを決めてかくのが重要なんですよね。

 

そこをあまり意識していなかった自分は少しぺんを置いて

テーマをきめるポイントやその重要性について考え直そうかなと思っております。

 

 

Watabokuさんの神対応が半端ない!!

今回発売されたARTBOOK「感0」ですが、彼の描き下ろし作品が詰まっております。

 素晴らしい作品ばかりで目の保養でしたね(笑)

 

その中でも好きな作品がこれです。

f:id:t-koku-0822-0218:20161212184815j:plain

 

この透き通った繊細の絵が僕は好きです。

そして素晴らしい画集にサインを頂きました。

 f:id:t-koku-0822-0218:20161212224109j:image

f:id:t-koku-0822-0218:20161212224114j:image

 

それに一緒に写真も撮ってもらってホント感謝です。

顔は非公開なのでここには載せれませんが、良い思い出となりました。

 

ホントwatabokuさん、神対応ありがとうございました!!

 

 

僕もこんな素晴らしい作品が描けるように頑張っていこうと思います。

まだwataboku展は水曜までやっておりますので、お時間のある方

是非是非行ってみてください〜!

 

 

個展情報

wataboku_exibition_visual
会場: 表参道ROCKET
住所: 〒150-0001渋谷区神宮前4−12−10 表参道ヒルズ同潤館3F
http://www.rocket-jp.com
会期: 2016年12月9日(金)-12月14日(水)
時間: 11:00~21:00(日曜日は20:00まで、12月14日は18:00まで)
※入場無料

 

 

ではでは♪♪