読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

外国友達との飲み会で、如何に日本が便利なのかを改めて気付かされた瞬間。

f:id:t-koku-0822-0218:20161206235957j:plain

f:id:t-koku-0822-0218:20161206234634j:plain

 

ども、しらしらです。

 

現在、出張中でございます。

 

 

そんな出張前の出来事ですが、

先週オーストラリアの友人と飲む機会がありまして、

某居酒屋さんへ行ってきました。

 

そこで、驚愕した話がありましたので

公開しようと思います。

 

 

日本とオーストラリアのコンビニってまるで違うって知ってた?

とある居酒屋での出来事。

ビール一杯目を飲みながら話題はコンビニの話になり、

あるオーストラリアの友人が

 

「日本はコンビニにおにぎりがあるなんて便利だよね‼」

って言ってたんですよ‼

 

 

 

「……What's!!?」

 

 

 

どういう事か聞いてみたら、

オーストラリアのコンビニではおにぎり・弁当類の生鮮食品が無いと言うんですね。

 

 

 

置いてあるのは、

ポテトチップスや炭酸、雑誌など長期保存できる商品・軽食になるんですって。

 

ちょいとググってみると

日本と比べ、価格も日本の2~3倍すると情報がありました。

日本のコンビニエンスストアの便利さって言ったら。。。。

 

その他に嗜好品や贅沢品、そして電化製品などは日本よりも高くなります。

 

 

何気なく使用していたコンビニですが、

外国人からしてみると興奮が収まらないんだとか。 

 

……なんだか逆の立場だったらわかるのかな。

 

 

居酒屋の飲み放題サービスはオーストラリアには無いってよ。

 

 そう言えば前に、飲みながらその友人と日本の居酒屋にある

飲み放題のシステムついて話したよなと今更ながら思い出しました。

 

実は、オーストラリアには飲み放題というシステムがないそうです

ですので友人が初めて日本に来た時、飲み放題というサービス

とても驚いていたそうです。

 

コンビニにもお酒は置いてないとの事。

ですので、どうしてもお酒を買いに行くときは酒場にいったりするんだとか。

しかも22時以降のお酒の販売は禁止されているので不自由に感じてしまいます。

 

そう考えると日本って

本当に便利な国なんだなと思ってしまいますよね。

 

 

便利とは裏腹に大量に発生してしまう商品の廃棄物

 

便利べんりって言っても商品の仕入れをして

もし、それが売れ残ってしまったら

廃棄物なってしまいます。

 

コンビニでアルバイトしていたことあるのでわかりますが

その日の稼働状況をみてオーナー・従業員の人は発注数を

決めていかなければいけません。

 

キチっとその人数で来店してくるとも限りません。

ですので、日頃コンビニに通っている方々もそうでない方も、

外国との交流があれば、改めて日本の良さを実感できるかもしれません。

 

そうなれば安易に食べ残しなんてしなくなっちゃうよ。

 

 

うっかりそんな話を聞くのを忘れたので今度会ったら聞いてみようかなと

思ってます。

 

 

ではでは♪♪