シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

飲み会の必要性について考える。

f:id:t-koku-0822-0218:20161112044155j:plain

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161112055340j:plain

 


飲み会には、お金と時間を使います。

そんな訳で今日は、飲みに関して起こるメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

 

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161112012230j:plain

 

 

  1. 浪費での飲みはこんなに無駄が。
  2. 何となくで行く飲み会って。
  3. 僕が考える良い飲み会。
  4. 浪費にあたる飲み会を断るには?
  5. 最後に

 

 

 

 

 浪費での飲みはこんなに無駄が。

f:id:t-koku-0822-0218:20161112135555j:plain

 

 

1次会での飲み会に要する時間は、
おおよそ3〜5時間程度でしょう。


それを週1で行った場合、
月4 × 3時間 = 12時間。
年間だと12時間 × 12回 = 144時間にあたります。

 

お金で換算すると飲み代が
5,000円かかるとして、

5,000円 × 月4 = 20,000円
年間だと、20,000円 × 12 = 240,000円になります。(ひえぇぇ〜‥‥。)

 

これは1次会のみの換算なので、
2次会・3次会となると更に膨れ上がるのです。


なので何となくで行く飲み会って僕は駄目だと思ってます。

 

 

 


何となくで行く飲み会って。

f:id:t-koku-0822-0218:20161112134812j:plain

 

よくありがちな飲み会は、
例えば忘年会と言いつつ結局上司のいつもの話とか聞いたり、
会社の愚痴を聞いたり、もう忘年会とは関係のない長期休暇の旅行の話をしたり。


或いは前半ちゃんとした話をしているけど、
酔いがまわると全然関係のない話をしてしまい翌日何も覚えていないことも!

 

僕は飲み会自体が無駄だと言うのではなくただ何となく飲んで、
「楽しかったね〜」はい、おわり!

って言うが如何なものかと。


だってそれって相手の時間を拘束して
話をしているわけでしょ?

双方メリットのある飲み会でないといけないと思ってるのです!

 

 

 

僕が考える良い飲み会。

f:id:t-koku-0822-0218:20161112132847j:plain

 

 

目的を持った飲み会であること。
これは何でも良いと思ってて、例えば


メンターのこんな話を聞いてみたい!
キャリアアップの為の懇親会に行く!
人脈づくりの飲み会。
自分の違う異業種との飲み会。


などなど。
何か目的を持って行くのであれば、
投資という形で知識や経験として、自分に返ってくるでしょう。

 

 


メンターは、自分が欲する情報・経験談を提供してくれます。

僕なんかは又に都内で飲む機会があり、意見交換や情報収集をしています。

 

キャリアアップの懇親会も
仕事の立ち回りやスキル向上するにあたり、
色々と情報を引き出せるので良いと思ってます。

 

人脈づくりなんかは、もはや必須ですよね。
仕事であれ、プライベートであれ
何かある時に、相互のサポートができる関係が築き上げることは良いです。

 

異業種懇親会なども全く関わりのない話を頂けるので新鮮な情報が入手できてオススメです。

 

teracoya-event.com

 

この前、このイベントに興味あって参加しましたが、

皆さん、全く違う業種で活躍され良い刺激となりました。

 

講演ではどうやって自分の事業をトライ&エラーしていくのか

質問をしながら、と皆さん真剣でした。

 

 


浪費にあたる飲み会を断るには?

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161112132659j:plain

 

嫌ならはっきりと断る。


これに尽きると思います。

 

勘違いしないで頂きたいのは、何となく華金だから飲みいくって言う理由が

いけないと思ってるのです。

 

それ以外、例えば

大がかりなプロジェクトを終わらせた時とか、

お客の接待とか、は良いでしょう。

 

 

最初断るときは躊躇すると思います!
「今後人間関係・仕事に支障きたしたらどうしよう」っという風に。

 

でも、案外上手くいくものです。
確かに飲み会こないやつというレッテルは貼られますが、
しつこく言われることはありません。

 

寧ろ飲み会に誘われる頻度も減ることでしょう。
その時間を使って、自己投資に当てはめれば良いのです。

僕は、いつもそうしてます。

 

 

 

 

最後に

 

如何でしたでしょうか?
飲み会自体、上手く使えば立派な勉強にもなります。

 

その飲み会が浪費なのかは、先ず行ってみないとわかりません。

最初は行ってみて、そこでの判断が必要となります。

 

それに飲みはデメリットだけでなく、上司からのアドバイスも色々聞くことができますし、

お客様の前で振る舞う最低限のマナーは上司から学べると思います。

 

 

ただの飲み会にならないように、

自分で考えて行動していきましょう。

 

 

 

ではでは♪♪