読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

読書好きにオススメ 〜スティーブン・R・コヴィー 7つの習慣の解説〜

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107211659j:plain

 

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107211817j:plain


漫画読みたいけど、ビジネス書も読みたい

 

 

そんな方にオススメの

まんがでわかる○○シリーズの本を紹介します‼︎

 

 

 

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107212630j:plain

 

インサイド・アウトについて

 

第1の習慣 〜主体的である〜

第2の習慣 〜終わりを思い描くことから始める〜

第3の習慣 〜最優先事項を優先する〜

 

第4の習慣 〜Win-Winを考える〜

第5の習慣 〜まず理解に徹し、そして理解される〜

第6の習慣 〜シナジーを創り出す〜

 

第7の習慣 〜刃を研ぐ〜

 

 


7つの習慣

スティーブン・R・コヴィー著者。

 

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 

 

子供の頃からの成長過程、
そして大人になってからの社会への試練の数々。

 

人生を幸福に導く為の要素が記載されているのが本書で、
日常の習慣で必要なことを7つに分けてそれを解説している人生哲学です。

 

 


人は皆、幼少期から大人になるまでに段階を踏んで自立してゆく。
それが、第1、第2、第3の部分に当たる私的成功。

スポーツでいう筋トレの部分。

f:id:t-koku-0822-0218:20161107215201j:plain

 

 

自立した方は社会で活躍する為、社会人としての理想形に進むことになります。
それが、第4、第5、第6の部分に当たる公的成功。

ここは試合のような実践に当たります。

f:id:t-koku-0822-0218:20161107220740j:plain


そして知識や見聞を広めて自己成長をさせるのが第7に当たります。

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107222318j:plain

 


順に説明していきましょう。

 

インサイド・アウトについて


その前にインサイド・アウトについて説明します。


人は物事を見たいようにみている。

 

批判されたり否定されたりすると、
あいつが悪いと一方的な押し付けが出ることがあります。
でも、もしかしたらそれは自分が間違っていることもあるかもしれません。

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107223717j:plain

 

つまり物事を見るときに周りを見渡さず、
自分の事しか考えていない可能性があります。

 

あなたが問題と思っているから問題という事もあるのです。
自分が正論を発していると思っても、一度相手の声に耳を傾けることが重要です。
見方を変えてその人が何故、こういう気持ちでいるのかを見てみましょう。

 

 


第1の習慣 〜主体的である〜

 

f:id:t-koku-0822-0218:20161107224715j:plain

人は感情的な反応に身を委ねたり、受け身で行動する人も多くありません。
そこで重要なのは、受け身での行動ではなく行動を自分で選ぶことを意識することです。

ビジネスで活躍する方は、必ず自分から行動に移ります。
受け身のままでは、いつまでたっても機会を逃すばかりです。

影響力を高める為には先ずこれならできると思う
小さなことから始めてみましょう。

 

 

第2の習慣 〜終わりを思い描くことから始める〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107225824j:plain

 

コヴィー氏によると、全てのものは2度つくられると言う。
人生の方向性をイメージする(知的創造)、毎日を生きる(物理創造)。

先ず目標を決める、と言うのはこの知的創造に値します。

 

ただガムシャラに動くのは良くありません。
先ず動く為に自分で目標を設定してみましょう。

 

そうすることで、
視点や行動がずれたりしても原点に立ち返って
目標がブレることはありません。

 

 

第3の習慣 〜最優先事項を優先する〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107230849j:plain

 

仕事などで特に見受けられるのかなと思うのですが、
忙しさに身を委ねてしまい、きた仕事をこなすだけだと優先順位を見失いがちです。

 

このような図があるとします。

f:id:t-koku-0822-0218:20161107234354j:plain


皆さんは、大体第1領域に集中してしまいがちです。


そうではなく第2領域に力を入れるべきだとコヴィー氏は言います。

 

つまりどう言うことかというと、
第2領域を取り入れることで第1領域の準備をする事が出来るのです。

 

もう1つ、全て自分で背負うのではなく
仲間に協力を得るのも自分のエネルギーや時間を大いに活用できる事でしょう。

 

第2領域を行う上で自分の役割を把握しましょう。
仕事としての役割、家族としての役割、成長したい時の自己役割、
これらから見つめ直していくのが必須でしょう。

 

第2の習慣で紹介した目標を決めてからスケジュールを
組み立てて優先順位を見ていきましょう。

 


第4の習慣 〜Win-Winを考える〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107232027j:plain

 

仕事などの商談の場合、
自分の利欲だけで行動するのはあまり良くないものだと思います。

 

1つの案件であまり利益が得られなくても
その人の頑張り次第で顧客としてリピーターになってくれる可能性は高いです。

 

目先の欲だけではなく、
相互にとって有益な関係になれるよう考えるべきです。

 

それには自分にとって
誠実な気持ちと相手に対する思いやりを持っていきましょう。

 


第5の習慣 〜まず理解に徹し、そして理解される〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107233013j:plain

 

どういう事かと言いますと聞く力をつける事です。
人間はそもそも話したがりな生き物です。

 

ですので、信頼関係を気づいて自分の影響力を発揮するには
まず相手の話を良く聞く必要があります。

 

ポイントは自分の答えを急がず、相手の答えに耳を傾ける事です。

 


第6の習慣 〜シナジーを創り出す〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107233050j:plain

 

人と組んで何かしようとするときは、
どうしても共通点に目が行ってしまいがちです。


そうではなくて相違点を見つける事で相互の良さを活かし合う事が出来ます。

 

違いを尊重する事がシナジーの本質であり、
人間一人ひとり、感じ方や物事の捉え方、考え方は違うものです。

 

誰もが自分のあるがままを見ているのだということに気づく事が重要です。

 


第7の習慣 〜刃を研ぐ〜

f:id:t-koku-0822-0218:20161107233724j:plain

 

自己成長という意味合いとして、常に自分自身を磨くという事です。

 

肉体を磨く。
精神を磨く。
社会・情緒を磨く。
知性を磨く。

 

肉体は、健康のことを指します。
適度なジョギングあるいは水泳など、主体的であることが必要です。

 

精神を磨くということは、瞑想・ヨガのように精神統一すること。
読書や音楽鑑賞などのリフレッシュ法を見つけることです。

社会・情緒は、相互の良さを活かし合い信頼関係をつくること。

知性は、目標に向かって必要な事をする事。 (読書だったり、知識の習得後にアウトプットするなど。)

 


以上、7つの習慣についての解説でした。

僕も本書を読んで相手に対する見方が少しは変わったかなと思います。
僕の目標は、先ず聞く耳を立てる事。
そこから色んな話が出来ればと思っております。

皆さんも、興味を持たれましたらマンガで7つの習慣を読んで見ては如何でしょうか?

 

ではでは♪♪