読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラログ

いろんな情報発信を自分の描いたマンガを使って解説します! 

香川県 丸亀へ

f:id:t-koku-0822-0218:20160919234949j:image

 

最近、更新を怠っておりました。(すみませヌ‥‥)

 

さてさっそく活動報告でございます!

 

f:id:t-koku-0822-0218:20160919235159j:image

 

香川県の丸亀にいってきました。

っても仕事なんですけどね。
仕事の合間に時間ができましたので丸亀城へこっそりと行ってきました!

 

丸亀城
・ 四国・香川にある丸亀城丸亀市内のやや南に位置する標高 66m の「亀山」山頂にあり、日本一の高さを誇る 60m もの石垣で有名なお城です。築城 400 年超の歴史があります。
→ 登った先の 大手一ノ門は内部が無料公開されていて、備え付けの布草履に履き替えて見学が可能です。
櫓内からは、攻め寄せる敵を撃退する「石落とし」や、鯱(しゃちほこ)などが展示されています。
3 階建てとなっており階段がありますがこれもまたかなりの急勾配です。つ、辛い。。。
3 階から見下ろした景色は絶景であります。

 

f:id:t-koku-0822-0218:20160919235432j:image
もう一度言います、かなりの絶景でございます。(笑)

f:id:t-koku-0822-0218:20160919235539j:image

 

これは知らなかったのですが、丸亀は全国シェアの90%を誇る日本一のうちわ産地です。。
(びっくり!)

丸亀うちわの技術は、江戸初期までにすでに確立していたものと考えられています。
その後、金毘羅宮参拝の土産物として、男竹丸柄で朱赤に丸金印の渋うちわが考案され、天明年間には丸亀京極藩士が女竹丸柄うちわの技術を習得し、藩も藩士の内職に奨励したため、うちわづくりが急速に広がったそうです。
天保年間には、丸亀港が金毘羅船の発着で賑わい、土産物のうちわも飛ぶような売れ行きを見せていくようになり、全国に丸亀うちわの名声が高まっていったそうな。  ✳︎一部引用。

現在の生産量は年間1億本だそう。
夏使いますもんね。(笑)

平成9年5月には国の伝統工芸品に指定されてます。

 

 

ちなみに丸亀城に行くには車かタクシーが必要で、車ですと無料駐車場あります。

JR予讃本線、丸亀駅下車、徒歩10分程度です。

 


丸亀城を見た後は、腹ごしらえとして鶏肉をがぶり。

f:id:t-koku-0822-0218:20160920002114j:image

んっ、ンマイ!!

こちらはご当地グルメの骨付鶏になります。

通常、おやどりとひなどりの2種類あり、
おやどりは食感がコリコリと食べ応えのある食感!
ひなどりは肉がとても柔らかく食べやすい!

皮はパリッと、中はジューシーでやみつきになる事間違いなしです!

特製スパイスで味付けされているので、ピリッと効いた辛さにご飯は勿論、ビールもよく合います。

締めは、やはり香川県の名物である讃岐うどんをじゅるり。
これ、また美味し!

f:id:t-koku-0822-0218:20160920002254j:image

 

土三寒六常五杯(どさんかんろくじょうごはい)と呼ばれる秘伝の塩加減と、昔ながらの職人技から生まれる手打ちの麺のコシ強さとノドごしの良さは、まさに天下一品。
かけ、ぶっかけ、しょうゆ、釡あげ、釡玉、ざる、などいろんなメニューが楽しめます。

丸亀には70店を超えるうどん屋があるそう。
車で走行中に何処もかしこも、セルフうどんという看板が!
どうやらうどんにトッピングとつゆの入れ具合を調節できるそう!
まあ、そこは丸亀製麺の方式と同じですね!

 

 

今回はお仕事でしたので、色んな体験をした訳ではありませんが、

他にもスペインの作品が展示してある美術館や、丸亀京極藩士の遺品がある美術館。ナイトのボートレース場善通寺で参拝など。

調べてみると沢山あります!
もし近くまで来た際には寄っては如何でしょうか?

下絵は、香川県から岡山県に渡る瀬戸大橋になります。 海が綺麗ですな。

f:id:t-koku-0822-0218:20160920002325j:image

f:id:t-koku-0822-0218:20160920002353j:image

 

また2日、3日のペースであげますようと思います!ではでは!